Web Analytics

腹筋トレーニングで快便になった。

健康増進

こんにちは。

いつもなすB-のガンバル日記にお越しいただきありがとうございます。

先日の第三回外来診察の後、すこぶるお腹の調子が良いのです。

診察前後の行動を振り返りその理由を考えてみました。

尚、記事の記載内容はなすB-の個人的な印象・感想です。 

あらかじめご了解の上、ご参考としてお読みいただければと思います。

スポンサーリンク



いきさつ

今週に第三回目の外来診察に行ってきました。

問診の際になすB-から質問させていただきました。

質問内容は・・・

  1. 自転車に乗っても大丈夫か?
  2. お酒を飲んでも良いか?

主治医の回答はアッサリといずれのOK!!🤪

なすB-としては・・・

自転車に乗る事は・・・

「股間を圧迫」するのでチョッと心配・不安に思っていました。

現在は尿もれ・失禁は治まっていますが、自転車こぎで股間を圧迫することで

尿漏れ・失禁を誘発するのではないか?との懸念が拭えていませんでした。

一方、飲酒については・・・

飲酒 → 水分補給 → 排尿頻度の増加 → 就寝中の排尿会数増加 を危惧していました。 

ここで主治医のコメント

”手術直後の入院中や退院間もない頃は、腹部の筋肉や臓器がキズついていたので、

しばらくは無理はしないように・・・。”という意味合いでした。

特に異常が無い現在は、普通にして大丈夫との説明を受け、

安心すると共に「なぁ~んだ、大事にし過ぎたかな?」😀と

振り返りました。

スポンサーリンク


では早速・・・という事で・・

これまで意識していた運動種目の「ウォーキング」に加えて以下の運動を追加しました。

  1. 腹筋運動
     足上げ 1分間(両脚を延ばした状態で上向きに横になり、かかとを15cmくらい浮かせて1分間維持)
     休憩  30秒
     セット 2セット
  2. スクワット 50回 1セット

腹筋運動は、手術後「大事に大事に」していたのでキツイキツイ。

たった1分間なのですが、長~~い1分間に感じられます。

2セット目はもっとキツく感じます。しかし我慢です。

感想:腹筋が張りつめて「縫合部が裂けやしないか?」心配になります。😆

スクワットは、ウォーキングしているので自信があったのですが

「歩き」と「スクワット」では筋肉への負担が違うようです。

50回の終了後は「太腿」と「大臀筋」が脱力感一杯😫です。

結果

腹筋トレーニングを開始してわずか3日間のことで結論付けるのは早計かもしれませんが・・

すこぶる快腸です

通常は朝か夜の一回のお通じでした。

・・・が、腹筋・スクワット開始してから新たな排便周期となりました。

  • 朝がメイン。 ルーティンとしての排便。
  • 状況に応じ就寝前頃に二回目の排便。

その波及効果なのか・・・

排尿頻度:2時間〜5時間

最多頻度:在宅中 2時間程
     外出中 3時間程度
     就寝時 2~5時間

昨晩は夕食後にコーヒーを飲んでいたにも関わらず、5時間の睡眠をとることとが出来、変化を感じました。

これまでの生活習慣の継続

食事への配慮

  1.  繊維質 野菜サラダ、温野菜を積極的に摂取
         ご飯は、玄米または五分つきのお米をいただく
  2.  寝起きの冷水 朝起きたら200cc程度の冷水をゴクッといただく。

スポンサーリンク



まとめ

第三回目の外来診察にて腹筋の運動をしても問題ないことをお聞きし

精神的にも安心できたのか、筋力トレーニングらしきものを開始する気持ちになりました。

腹筋を鍛えることで排便を促す事は理解できますので、激しい運動を急に開始するのも問題ですが、

少しづつ慣らし運転から進めて行きたいと思います。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク