Web Analytics

今度はカボスジャムを作ってみました

料理

こんにちは。

いつもなすB-のガンバル日記にお立ち寄りいただきありがとうございます。

前回のゆずジャム🍊作りを経験し、試食をしたところ「意外といけるじゃない!」と・・。

お調子者のなすB-は気分を良くし今度は「カボスジャム」を作成しましたので投稿します。

スポンサーリンク



柑橘系「🍊かぼす」ってどんなフルーツ?

かぼすを漢字で書くと「香母酢」!! 

な~んと高齢者の仲間入りする今日まで漢字名は知りませんでした。

「ひらがな名」か「カタカナ名」しか存在しないのかと思っていました。

ちなみに学術名はCitrus sphaerocarpa、 和名:カボス、 英語名:kabosuということで

日本語で記載する時は「カボス」が正しい様ですが、英語名が「kabosu」で通用することはビックリ!😱です。

スポンサーリンク


さてジャム作り・・・

材料は・・・

  • 材料 カボス4個
  • 砂糖 82g
  • ジュース 120ml
  • 種 20個

調理の段取りは・・・

  1. 3分間の煮沸を3回
  2. 10分間のさまし
  3. 水をシッカリ切って
  4. 中火で煮込みます
  5. 灰汁を取り除き
  6. 弱火で10分程度煮込みます 
  7. 途中で味見・・・
    • 皮が硬い! 「良く言えば舌触りがある??」
    • 後味には柑橘類独特の苦味が強いかも??
  8. 今回は11分間煮込んで仕上げました

完成品はコチラです。

早速、さました後で試食です!!

試食の感想

  • カボス湯(柚子湯の代わり)で飲んでみました。
    • 酸味はゆずより強い感じです。
  • 単独で試食(味見)すると皮が硬いかな?(ゆずジャムと少し違いますね)
  • 後味に苦味が少しある これは好みが分かれる所かもしれません・・・。

感想は??

なすB-の率直な感想は「カボスジャムは今回限りで卒業」だすな。😜

さて次はナニをターゲットにするかなぁ〜

まとめ

ゆずジャムに続きカボスジャムを作成しました。

お味についてはカボスジャムは酸味が強い感じでしたので

たった一回の成果ですが、なすB-は「ゆずジャム」に一票を投じます。

今後は・・・

日常では「もみじ大根」を買い込んできて、酢漬けにしていただいています。

酢に漬かり真っ赤に染まったもみじ大根は、子供の頃にささやかなお小遣いを握りしめ

駄菓子屋さんで買って食べた「大根のさとう漬け」を思い出します。こちらは食紅で真っ赤でした。 

たった2回の経験しかありませんが、少しづつ料理男子(爺)にハマりつつあることを自覚しています。

先日、大きい方の孫が「スパイスからカレー」を作った様で「今度、ジージに作り方を教えて」と言ったところ、

俄然やる気💪になっている様なので新型コロナウイルスが治まったら「共同作品」の制作にチャレンジしたいと思います。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク