Web Analytics

膀胱がズッキ〜ンと痛かった

経過観察

いつもなすB-のガンバル日記にお越しいただきありがとうございます。

最近「前立腺がん治療関係」の話題が減少傾向にあるなぁ~と思っています。

喜ぶべき事と思いますが次回の外来診察(5月を予定)まで「安定」して推移するようでしたら

当ブログの開設主旨でした「治療関係の情報提供」の投稿は減少傾向となるのかなぁ~~と考えています。

今回は「起床直後の排尿時」に症状がありましたので、そのことについて投稿します。

スポンサーリンク



何が起きた???

症状

朝、起床後に久しぶりの膀胱痛?を感じました。

今朝、排尿感覚で目覚め、時計を見ると午前5時30分。

昨日の寝付いた時刻は23時30分。

丁度、6時間の睡眠時間でした。

「良く眠れた」と感じる日が最近増加していると感じます。

目覚めた時の膀胱の張り具合は「オシッコが溜まっているな」って感じでした。

トイレに向かって排尿のため前傾姿勢(前かがみ)をとって便座の蓋を開けた瞬間・・・

ズッキ〜ンと痛みが走りました。 

張り詰めていた膀胱と尿道周辺に痛みが走り「失禁」しそうでした。

筋肉が痙攣した時に起きるような突き刺すような痛みが下腹部を襲いました。

「この症状は以前にもあったなぁ~~~。」と思い出しました。

失禁しそうな強い痛みをこらえて便座の蓋を開け放尿すると

それまでの我慢しがたい痛みはす~っと解消しました。

痛みの原因は???

症状から考えた痛みについて・・・・

素人判断ではありますが思いつくことは

  • 膀胱に尿がたくさん(多めに)溜まっている状態。
  • 就寝中ということで「無意識」に排尿を我慢している。
  • 膀胱が「膨れて」平常時より多くの尿を溜めている状態と予測。
  • 便座の蓋を開けるため前傾姿勢を取ったことでの腹圧上昇の影響。
  • 前立腺全摘出手術前と同等容量の尿を蓄積出来ているのかは不明です。
  • 排尿することで膀胱の痛みは解消する一過性なので膀胱炎や尿道炎ではないと推察します。

就寝中の傾向として「自然」に骨盤括約筋周辺を締めて

失禁を抑える行動を行っていると考えるので筋肉疲労によるものか?

現時点では真の原因は分かりませんが、次回の「外来診察でのお問い合わせ事項」とします。

スポンサーリンク


最近の排尿傾向を振り返ると・・・・

最近の排尿データ

最近と排尿傾向は・・

最近の排尿回数トレンド

直近のデータ期間5(2月の1か月間)は棒グラフでは黄色で表しています。

傾向として1日の排尿回数は9~10回/日が多く、平均回数は10.2回/日でした。

過去のデータ期間を通して「減少傾向」にあります。

平均排尿周期は2.42時間で前回の比較して「微増」でした。

就寝中の排尿回数は1~2回で以前に比較すると回数が減っています。

それに伴い就寝中の平均排尿周期は最短で約1時間、最長で約6時間に変化しています。

この結果、睡眠も良く取れていると考えています。

まとめ

今回は起床後に排尿をガマンしていた時に経験した「キツイ痛み」についてまとめました。

真の原因については究明できていませんので次回の外来診察で主治医に質問してみようと思います。

今後、治療経過の話題は減少するかもしれませんが、なすB-の日々のガンバっている生活模様を投稿します。

引き続きの応援をよろしくお願いいたします。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク