Web Analytics

これまでの検診データのまとめ

2020-04-02予備知識

こんにちは。 なすB-のガンバル日記にお越しいただきありがとうございます。

本投稿ではこれまでの定期健康診断の健診データを下表に整理します。

スポンサーリンク


過去データのまとめ

過去5年間の健康診断データを下表に整理します。

診察時期施設場所検診内容健診結果PSA値コメント
2013/4都内人間ドック・脳ドック正常3.9経過観察
2015/12都内人間ドック・脳ドック要精密検査4.5 
2016/6神奈川県人間ドック・脳ドック要精密検査5.2 
2017/10神奈川県人間ドック・脳ドック要精密検査6.7 
2018/10東京都人間ドック・脳ドック要精密検査10.80 
2019/10東京都人間ドック・脳ドック要精密検査12.49 外来受診 (2020年12月)
      
      

過去データの補足説明

  • 2010年~2013年のPSA値は、1.5~3.9と規定値内でしたがジワジワと上昇していました。
  • 2015年の健康診断でPSA値は規定値を超えた4.5まで上昇していました。
  • 2016年の健康診断ではPSA値は更に上昇しPSA値(5.2)のため要医療となりました。
  • 2017年の健康診断で前年よりPSA値は上昇傾向にありPSA値(6.7)のため受診を進められたが受診しませんでした。
  • 2018年の定期健康診断でPSA値は10.80へと前年より更に上昇したため要治療の指示が出ました。 しかしながら業務多忙を理由に受診には至りませんでした。
  • 2019年の定期健康診断でPSA値が12.49と前年にも増して上昇し、基準時の3倍以上の数値となっていました。 定期健康診断でのカウンセリングの際に担当医師より、今回は必ず精密検査を受診するよう強く指摘(指示)されました。

スポンサーリンク


まとめ

正常値と言えるPSA値の上限4.0のところ12.49もありますので、結構ヤバいかも・・・と思い、

2019年12月に外来初診で受診し治療が開始されました。

今後の受診・治療内容やその結果を順次投稿にてご報告いたします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク









予備知識

Posted by なすB-